カードローン契約が成立しないというケースもありえます。

カードローンは金融各社が取り扱っていますが、その中でも楽天銀行のものは手続きの簡略さで群を抜いています。限度額200万円までの申込に関しては収入証明書が原則不要となっており、おまとめローンにも利用できるとアナウンスされています。

 

審査結果も最短で当日のうちにわかり、安定収入があればアルバイトの方でも利用が可能です。楽天銀行側が公表しているカードローンの概要は以上のとおりです。ただ、年収の水準がおおよそ設定されているといわれており、税込で300万円以下の年収の場合には審査でローンの利用を認められない場合が多いと言われています。

 

魅力的な低金利の裏には、このような事情も潜んでいるので注意が必要です。万一、楽天銀行のカードローンの審査で借入を拒否されたときには、原因を詳しく検討しておかなければなりません。書類の記入内容の不備の可能性もあります。

 

収入額がネックになって、カードローン契約が成立しないというケースもありえます。楽天銀行からは審査結果の理由について教えてくれませんから、自分であれこれと考えてみるしかありません。ただし、楽天銀行のカードローンがだめだったからといって、他のカードローンの審査をすぐに申し込むのはタブーです。

 

楽天銀行カードローンに関しては、一度申し込んだ人はその後6か月間再申込をしないように明記されています。だからと言って他社のカードローンを利用しようとしても、信用情報機関が金融に関する個人情報を共有していますから、それが影響して審査に通りにくくなっています。

 

また、短期間に何度もカードローンの申込を重ねること自体、個人情報として記録されますから、その後ますます借入をすることは難しくなります。

 

審査に落ちた理由を調べる手段

楽天銀行のカードローンの審査に通らなかったとしても、その理由を直接知ることはできません。しかし、匿名で簡易審査のシミュレーションを行う「くらべる君」などのwebサービスを利用するという手があります。

 

必要な情報をネットで入力すれば、カードローンの審査と同様の基準で審査を行い、その結果や理由などについて知ることができます。

 

また、申し込んだことのないカードローンなどの審査もシミュレートできるので、事前にここで調べておけば、安心して実際の申込ができます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日