毎月の返済を行うことが限度額アップの近道

一枚持っているだけでもいざというときに便利なのがカードローンです。

 

最初の頃は少ない限度額でも十分事足りていたにも関わらず、使っているうちにもう少し限度額が高ければ、と限度額の引き上げを希望する方も多いと聞きます。

 

限度額の引き上げを行うには、具体的にどのようなことを行う必要がある知っておきましょう。

 

利用しているカードローンのプランについてよく知る

今ご自分が利用されているカードローンのプランについて、その条件や規定についてあらかじめよく知るようにすると便利です。カードローンには限度額がすでに一つに設定されているものと、ご利用者の希望によって増額が出来るものと二種類あります。

 

たとえば最高限度額が500万円のカードローンがあるとします。ある利用者がこのローンで現在200万円の借入れを行っています。この場合、この方は増額の申し入れを行い、承認されたならば、あと300万円借入れを増やせることになります。

 

しかし200万円が最高限度額のカードローンを使用している場合、もしも借入れ額が200万円にまで達しているならば、これ以上の借入れを行うことは出来ません。この場合は、もっと限度額の多い他社のローンに乗り換えることが多いようです。

 

毎月の返済をきちんと行うのが限度額アップへの早道

毎月の返済日を怠らずにきちんと返済を繰返す、これが限度額アップへのいちばんの早道です。限度額の増額は顧客からの申し出があってはじめて行われますので、借入れ及び返済を毎月確実に行っている方は、必要があれば限度額増額の申請を行ってみましょう。

 

借入れと返済の記録が良好である場合には、すんなり限度額増額に応じられることが多いです。では契約はしたけれどもこれまで一度も借入れを行ったことのない方はどうでしょうか。

 

返済の記録がないということは、利用者としての格付けが優良顧客になるかどうか、貸付けている側としては判断のしようがありませんので、これまで一度も借入れ・返済を行ったことのない方の増額要請は、はねられることが多いようです。

 

返済能力が上がると、限度額も上がる

返済能力の高い顧客に関しては、貸付ける側も容易く限度額の増額に応じます。今までよりも大きい限度額を借り入れても、確実に返済が出来る能力があると認められるように、年収アップや返済期日を確実に守るといった努力をしていきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日