増額を希望する場合は条件がある

カードローンの限度額は途中で変更することが可能です。しかし、限度額の増額をしたいと希望する場合には、いくつかの条件があります。

 

条件を満たしていないと限度額をあげたいと思っても変更には応じてもらえません。限度額の変更について詳しく説明していきます。

 

返済が滞っていないのが第一条件

カードローンの限度額を上げる場合の条件とは、毎月決まった額の返済が滞りなくできているかの信用が必要となります。

 

例えば、滞納や延滞があった場合、限度額の変更を申請しても受け付けてもらえない場合があります。毎月滞ることなくきちんと返済を続けられている場合には、変更の申請をしてみましょう。

 

変更は自ら申し出が必要

カードローンの限度額の変更は、カード会社からわざわざお知らせしてくることはありませんので申請が必要です。カードローン会社は、契約者本人からの希望により変更できるかどうかを審査し変更します。

 

カードローン会社のホームページからインターネットを通じて変更希望の申請は可能ですし、直接電話をしてオペレーターに限度額変更の依頼をすることも可能です。

 

どの程度の契約期間を経て、限度額の変更ができるのか

カードローンを発行してすぐに限度額の変更をしたいと希望している方もいるかと思いますが、返済の実績がなければ信頼関係も築けていないので、カードローン発行後すぐに限度額を変更したいといっても難しいのが現状です。

 

では、どの程度の契約期間で変更の申し込みが可能なのでしょうか。目安としては半年から1年、遅れることなく計画通り返済ができていれば、変更に応じてもらえる可能性は高くなりますが、あくまでも目安でしかありません。

 

カードローン会社によって対応は異なります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日