年収が高いほど限度額が高くなる。

カードローンには限度額というのが設定されていて、その範囲内であれば自由にお金を借りることができます。限度額がどれぐらいなのかはカードローンごとに違いますが、カードローン会社のホームページなどを見るときちんと書いてありますね。

 

なかには「限度額500万円」のように高額な限度額が書かれているカードローンというのもめずらしくはありません。どうしても限度額に目がいってしまいがちですが、実際に申し込んでみるとわかると思いますが、まず500万円もの限度額が設定されることはありません。

 

今回はカードローンの限度額がどうやって決まるのかを紹介したいと思いますので、興味のある人は読んでみてください。

 

年収が高いほど限度額が高くなる。

結論からいうと、カードローンの限度額は年収に大きく依存しています。当たり前の話になるかもしれませんが、カードローン会社は貸したお金を返してもらわなければ困ってしまいます。

 

返済するためには収入がある必要がありますが、多くの人にとって収入というのは仕事での給料になりますよね。年収が低いのであれば返済に回せるお金は多くありませんから、どうしても限度額を低くせざるを得ないわけです。

 

逆に高年収なら多めに貸しても返済してくれるだろうと考えて、限度額も多くなるというのがカードローン会社の考えです。

 

法律的にも限度額は制限されている

昔は年収がいくらであろうと、かなり無茶をして貸し付けていた時代もありました。しかし現在は、総量規制という法律の制限ができたために、年収に応じた金額しか貸してはいけなくなりました。

 

具体的には借入金の合計が年収の3分の1までと制限されてしまいました。限度額を500万円にしてもらうためには、単純計算で年収1,500万円も必要ということになります。

 

しかも借入の総額ですので、複数の会社から借入がある場合にはさらに限度額は低くなってしまいます。年収は急激には上がらないでしょうが、カードローンの信用実績が積み重なれば、法律の範囲内である程度は限度額は上がりますので、きちんと利用し続けることが大切になります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日